Menu

  • 奨学金プログラム
  • 建設プログラム
  • 図書支援プログラム
  • 給食プログラム
  • 山岳部少数民族支援プログラム
  • カンボジア支援プログラム

  • キャンヘルタイランドの歴史

    はじまり

    キャンヘルプタイランドはタイの貧困地域の子供たちへの教育環境を改善しようと援助を続けている民間で非営利のボランティア組織(NGO)です。会の起こりは1990年、筑波大学時代の教え子だったタイ人を同国に訪ねたとき、農村地域の子供たちの悲惨な現状を目のあたりにしたレイ(名誉会長=元南山大学教授)が、帰国後、同僚の日本人、カナダ人教授らに呼びかけて奨学資金の提供を申し出たことに始まります。同年暮れには「C.A.N.H.E.L.P. Thailand」 を発足させ、現在はタイのなかでも特に貧しいとされるイサーン地域(東北部)を中心とする 15県の初等中等教育機関に対して奨学金の給付、学校給食、自給自足化への支援、学校諸施設の改善といった支援活動を続けています。

    支援の仕組み

    みなさんから寄せられた寄付金のうち5%は送金料等の事務経費として使われます。
    残りの95%を援助金としてタイヘ送金します。みなさんからのご寄付があった場合、寄付金の入金が確認でき次第、事務局よりみなさんへ領収書を送付いたします。そして、奨学金・学校給食支援金については現地で行う授与式においてキャンヘルプタイランドのスタッフが奨学生・学校長に直接手渡します。奨学金プログラムにご寄付くださった方には一年に一度奨学生データをお送りします。
    その他、すべての援助金の使途については年1回発行のニュースレターにてその年の活動内容とともに毎年お知らせします

    ▲pagetop

    inserted by FC2 system